脂肪吸引なら早く簡単に痩せれる|痩身情報局

痩せるために

ドクター

脂肪吸引手術を受けたいという希望を持っていたとしても、費用面の問題で実際に手術を受けることができずにいる人が結構たくさんいます。美容外科クリニックは、審美目的の治療を中心に行っています。病気や怪我を治すわけではありませんので、保険診療は行っていないのが一般的です。保険が効かない場合は、患者自身が治療費を全額自己負担することになります。そのため、美容外科クリニックの料金は全般的に高めになっていますが、脂肪吸引のような大掛かりな手術の場合は、気軽に利用できないくらいの値段になっています。いくら確実に痩せられるということがわかっていても、お金がないので手術を受けることができないという人が実際にたくさんいます。そのような人は、脂肪吸引のモニターを募集している美容外科クリニックを探してみるようにするとよいです。モニター制度は、通常よりもはるかに安い料金で治療が受けられるようになる代わりに、治療前と治療後の写真をクリニックのホームページ等に掲載することを了承する制度です。クリニック側としては、実際の施術例を公開することが新たな患者の獲得に繋がりますので、破格の料金にしてでもモニターを募りたいという事情があります。モニター料金の設定はクリニックごとにマチマチになっていますが、通常価格の30%前後の料金になっているケースが多いです。自分の顔や体が不特定多数の人の目にさらされるのは嫌だという人は仕方ありませんが、そうではない人の場合は、モニター制度の利用を検討してみることをおすすめします。

脂肪吸引手術を受ける場合、施術部位に麻酔が施された上で、皮膚にメスが入れられます。カニューレという名前の吸引管を体の内部に挿し込んで脂肪を吸引することになりますので、カニューレを挿入するための入口を作らなくてはなりません。切開する大きさは3〜4cm位のものですから、あまり神経質になる必要はありません。傷跡も殆ど残ることはなく、また残ったとしても目立つような跡ではないため安心できます。ただし、術後しばらくの間は施術部位に強い腫れが生じますので、腫れが引くまでの間は外出を控えて安静を保つようにするのが望ましいです。無理に動き回ると、体調を崩してしまうおそれがあります。おまけに、体の回復が遅れてしまいますので、何もよいことはありません。ですので、仕事を持っている女性が脂肪吸引を受ける場合は、術後しばらくの間仕事を休むことができるように、スケジュール調整しておく必要があります。術後、なるべく早いうちに普通の生活に戻りたいと望んでいる人は、近年になって登場してきたベイザー脂肪吸引を受けるようにするとよいです。これは、施術部位にベイザー波を照射して脂肪細胞を溶解した上で吸引する方法です。周辺組織にほとんどダメージを与えずに脂肪を吸引することができるため、ダウンタイムを短縮することができます。まだ新しい方法ですので、料金は若干高めですが、低侵襲手術を望んでいる人はベイザー脂肪吸引を利用してみるのが得策です。自分のライフスタイルと相談し、時間を取るか費用を取るか、よく吟味して施術法を選ぶと後悔が少なくなります。